いざと言う時に困らない為にしなければならない事を考えながら過ごしていたら本当にいざと言う時にぶつかった。

私は結婚当初からコツコツ小さな貯蓄をしておりました。
子供が生まれた時の為、万が一の病気の為、解雇等で働く場がなくなってしまったらどうなるだろう?と万が一を考えながら日々を過ごしていた。
お金はあればあるに越したことはないがそうガツガツしている貯蓄でもなく、テレビ番組でこう放送していた事がある。
万が一の為にしておきたい貯蓄額は自分たちが毎月使っている生活費等の向こう半年から1年分を貯蓄していたら、いざ何かあった時に当面の生活費としての足しになるだろうからと。
いざと言う時など自分にはそうこないと思っていた、若かったからだろうな。
しかしそれは突然やってくる。
中年期に差し掛かる前に大病をし手術をしたが保険にも入って居たし、正社員だったので高額療養費で賄う事が出来たがそれからさらに7年後私は離婚をする。
これはそう困った問題ではなかったがその1年後またも同じ病で大病をして手術をする事になった。
これにはさすがに堪えた、金銭面より精神面でかもしれない。
実家の親や妹に助けて貰いながら子供達の食事だけ手伝ってもらった、保険にも助けられた。
離婚の時銀行の方が勧めてくれた保険のお蔭で離婚後の生活での出費を出来るだけ抑えたかったがこの保険のお蔭で生活は困らなかった。
あの時勧めてくれた彼女には本当に今も感謝しているし、元気ですよと伝えたい。好感度アップのために今すぐやるべき歯のホワイトニング完全ガイド

彼との出会いは大学生の時にバイトしてたキャバクラで、指名替えからの遊び友達からの彼氏へ昇格!

出会いは、大学生のときに働いていたキャバクラでした。友人から紹介されたお店で働き始めて1ヶ月ほど経ったころには、彼は週に多い時で2回、最低でも1回は来る常連さんで、彼の友人はそれ以上にお店に通っていました。なんだかその中の1人がキャバ嬢と付き合ってたからだったらしいのですが、彼の友人にはヘルプでついたこともあり、彼がいるときも彼の友人や職場の方にもついたことはありませんでしたが、働き始めて2ヶ月くらいは全く話したこともありませんでした。たまたま彼が指名していた女の子がお休みの日に彼らが7人くらいのプチ団体さんで来て、ヘルプで彼につきました。お店でもかなりの賑やかなお客さんたちだったので、入店当初からあまり好きではなかったので、席につくのも嫌だったんですが、意外と彼とは話も弾みその場で場内指名に。指名がいると電話番号は教えてはいけない暗黙のルールがあるのにもかかわらず、彼からの猛烈な番号教えて攻撃にこっそり番号教えてしまったのが出会いのきっかけでした、出会いの画像を集めるスレ(二次限定)まとめ